救急救命士活動報告 助かるはずの命を救え!!

救急救命士のブログです。

日々の活動や救急医療政策について紹介する公開日記です。


救急車は、けがや急病などで緊急に病院に搬送しなければならない傷病者のためのものです。

緊急ではないのに救急車を要請すると、本当に救急車を必要とする事故が発生した場合、遠くの救急車が出動することになり、到着が遅れることで、救える命が救えなくなるおそれがあります。

緊急性がなく自分で病院に行ける場合は、救急車以外の交通機関等を利用してください。

救急車を本当に必要とする人のために!


【救急医療の受診について】
症状に緊急性がなくても、「交通手段がない」「どこの病院に行けばよいかわからない」「便利だから」「困っているから」と救急車を呼ぶ人がいます。

また、「平日休めない」や「日中は用事がある」、「明日は仕事」などの理由で、救急外来を、夜間や休日に受診する人もいます。

救急車や救急医療は限りある資源です。

いざというときの皆さん自身の安心のために、救急医療の受診について考えてみませんか。

こうしたケースで救急車が呼ばれました〜本当に必要か考えてみましょう〜
・蚊に刺されてかゆい
・海水浴に行って、日焼けした足がヒリヒリする
・紙で指先を切った。血は止まっているが…
・病院でもらった薬がなくなった
・今日入院予定日だから、病院に行きたい
・ヘルパーを呼んだが来てくれなかったので、代わりに救急車を呼んだ
・病院で長く待つのが面倒なので、救急車を呼んだ


【救急通報のポイント】
ゝ澣渕屬鮓討屬箸の番号は「119番」です。

救える命を救うためには、応急手当が重要です。救急車が到着するまではどうしても時間がかかります。いざというときに、大切方を救うためにも、正しい応急手当を身につけておきましょう。

人手がある場合は、救急車の来そうなところまで案内に出ると出ると到着が早くなります。

さ澣渕屬鮓討鵑世蕁△海鵑癖を用意しておくと便利です。
・保険証や診察券
・お金
・靴
・普段飲んでいる薬(おくすり手帳)

(乳幼児の場合)
・母子健康手帳
・紙おむつ
・ほ乳瓶
・タオル

サ澣渕屬来たら、こんなことを伝えてください。
・事故や具合が悪くなった状況
・救急隊が到着するまでの変化
・行った応急手当の内容
・具合の悪い方の情報(持病、かかりつけの病院、普段飲んでいる薬、医師の指示等)


【判断に迷ったときは、お近くの救急相談窓口に】
急な病気やけがをしたとき、救急車を呼んだ方がいいのか、自分で病院を受診すればいいのか、どこの病院に行けばいいのか迷うことがあります。

そのようなときにはお住まいの都道府県や市町村に救急相談窓口がありますのでご相談ください。

♯7119救急相談センター(東京都)
     救急安心センター(大阪府、奈良県)
♯8000小児救急医療電話相談事業(各都道府県)


【ためらわず救急車を呼んでほしい症状:大人】

・突然の激しい頭痛
・突然の高熱
・支えなしで立てないぐらい急にふらつく


・顔半分が動きにくい、あるいはしびれる(過換気を除く)
・ニッコリ笑うと口や顔の片方がゆるむ
・ろれつがまわりにくい、うまく話せない
・視野が欠ける
・ものが突然二重に見える
・顔色が明らかに悪い

6擦簀愧
・突然の激痛
・急な息切れ、呼吸困難
・胸の中央が締め付けられるような、または圧迫されるような痛みが2〜3分続く
・痛む場所が移動する


・突然の激しい腹痛
・持続する激しい腹痛
・吐血や下血がある

ゼ蠡
・突然のしびれ(過換気を除く)
・突然、片方の腕や足に力が入らなくなる

Π媼韻両祿
・意識がない(返事がない)又はおかしい(もうろうとしている)
・ぐったりしている

Г韻い譴
・けいれんが止まらない
・けいれんが止まっても、意識が戻らない

┐韻・やけど
・大量の出血を伴う外傷
・広範囲のやけど

吐き気
・冷や汗を伴うような強い吐き気(飲酒後の吐き気を除く)

飲み込み
・食べ物をのどにつまらせて、呼吸が苦しい
・変なものを飲み込んで、意識がない

事故
・交通事故にあった(強い衝撃を受けた)
・水におぼれておる
・高所からの転落


【ためらわす救急車を呼んでほしい症状:小児(15歳未満)】

・頭を痛がってけいれんがある
・頭を強くぶつけて、出血が止まらない、意識がない、けいれんがある


・くちびるの色が紫色で、呼吸が弱い


・激しい咳やゼーゼーして呼吸が苦しく、顔色が悪い

いなか
・激しい下痢や嘔吐で水分が取れず食欲がなく意識がはっきりしない
・激しいおなかの痛みで苦しがり、嘔吐が止まらない
・ウンチに血がまじった

ゼ蠡
・手足が硬直している

Π媼韻両祿
・意識がない(返事がない)又はおかしい(もうろうとしている)

Г犬鵑泙靴
・虫に刺されて全身にじんましんが出て、顔色が悪くなった

┐韻い譴
・けいれんが止まらない
・けいれんが止まっても意識がもどらない

やけど
・痛みのひどいやけど
・広範囲のやけど

飲み込み
・変なものを飲み込んで、意識がない

事故
・交通事故にあった(強い衝撃を受けた)
・水におぼれている
・高所から転落


※参考:救急車利用マニュアル(総務省消防庁)

※過去の日記を予告なしに変更・削除(写真・文章)する場合があります
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
【1日1クリックお願いします!】
人気ブログランキングへ
【1日1クリックお願いします!】
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 救急救命士国試、合格率82.3% | main | 救急救命士のニーズ調査を来年度実施へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
法か倫理か、救命士の処分がネットで物議

法か倫理か、救命士の処分がネットで物議


静岡県内の東名高速道路で4月中旬、交通事故の現場で静脈路確保の救命処置を行った茨城県石岡市消防本部の救急救命士の男性(54)が、5月31日付で同本部から停職6か月の懲戒処分を受けた。消防署から持ち出した注射針などを使用し、勤務時間外に医師の指示を受けずに処置を行ったことが、関係法令に抵触する可能性が高いと判断されたためだ。愛知県常滑市でも2月、職務中の救急救命士が、現行法が禁止する心肺停止前の患者に点滴を行った事件が発生しており、法律と倫理のどちらを優先させるかをめぐって、インターネット上で議論が巻き起こっている。

石岡市消防本部によると、男性は4月14日午後、東名高速道路で発生した交通事故の負傷者を救うため、意識のあるけが人に静脈路確保を行った。現行法で救急救命士は、医師の指示がなければ救命処置ができないうえ、静脈路確保は心肺停止の患者に対してのみ許されている。男性は、「法律に触れる可能性があることは分かっていたが、助けたい一心だった」という。

使用された注射針などは消防署の備品で、男性はその管理を任されており、懲戒処分を受けた5月31日に男性は依願退職した。鈴木徳松消防長は、「人命救助を目的とした行動であっても、関係法規に抵触する可能性が極めて高く、誠に遺憾(いかん)だ」とコメントしている。

救急救命士の違法行為をめぐっては、愛知県常滑市で2月、交通事故の負傷者を病院に搬送した男性(38)が、救急救命士法が禁止する心肺停止前の患者に点滴を行ったことが報道されている。市消防本部によると、男性は「何とかしてあげたいと思った」と話しており、同本部では現在、医師や県の関係者を交えた検証会議で男性の処分について検討している。

■非番の日に生かせない免許

石岡市消防本部の救急救命士の懲戒処分について、インターネット掲示板では、「情状酌量の余地アリだろ」「目の前に消えそうな命があるのに助けちゃだめなんて救命士だれが志すんだよ」「こういうのがあると現場はやる気なくすんだよな。救える命が救えなくなるかもな」といった同情論がある一方、「自分の都合で平気で法を犯すような人間、組織としてもこんなの面倒みきれんわ」「助けた事はいいと思うけど、注射針持ち出しはちょっと理解に苦しむ」「むしろこの行為によって助からなかったってことが無かったんだから良いかってくらいだ」などの意見も出ている。

日本救急救命士協会の鈴木哲司会長は、男性が備品を持ち出したり、医師の具体的な指示を受けずに、意識のある傷病者に静脈路確保を行ったりしたことを問題視し、「報道が感情論に走っているのが気になる」と指摘する一方、「非番の日に免許が生かせない。これが救急救命士の実情なんです」と打ち明ける。

法律上、救急救命士として職務が行えるのは原則、救急車の中だけ。このため、車内にいなければ救急救命処置を行えないのが現状だ。東日本大震災の発生を受け、厚生労働省は3月、救急救命士が行う心肺停止患者への医療行為について、被災地の通信事情の悪化で医師の指示を得られない場合でも、違法行為には当たらないとする通知を都道府県などに出しているが、「被災地に行っても、その技術を生かす機会のない救急救命士が大半」(鈴木会長)という。

救急救命士の職域拡大は、政府の行政刷新会議の分科会が1月にまとめた検討項目に含まれており、内閣府と厚労省の政務三役は月内にも、震災の影響で休止していた協議を再開させる方針だ。


参考:2011年06月03日 16:55 医療介護CBニュース

| - | 20:31 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 20:31 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする